塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗装の色選びでよくある失敗例3選と失敗しないための4つのポイント!

現場ブログ塗装の豆知識 2022.06.18 (Sat) 更新

北九州市、苅田町の皆様

こんにちは!

北九州市、苅田町の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修専門店【塗り替えステーション】|㈱志水です^^

北九州市の唯一の1級塗装技能士10名在籍の外壁塗装&屋根塗装専門店だから、高品質の塗装工事を提供できます!

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます!

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-117-600受付時間 10:00~17:00(不定休)

 

【目次】

1.外壁塗装の色選びでよくある失敗3選!

  1. 想像していた色と違う
  2. 汚れがとても目立つ
  3. 玄関や屋根の色と合わない

2.【外壁塗装専門店が教える】外壁塗装の色選びを失敗しないための4つのポイント!

    1. 色褪せや汚れなどの劣化を考慮して色を選ぶ
    2. 色見本は大きいものを使う
    3. まわりの景観も考慮する
    4. 必ずカラーシミュレーションを行う

3.まとめ

 

こちらの記事は外壁塗装の色選びの際によくある失敗例と、失敗しないための方法をご紹介!

近々外壁塗装をお考えの方はぜひこちらの記事を読んで、納得のいく色選びをしてください!

 

1.外壁塗装の色選びでよくある失敗3選!

外壁塗装の色選び、とても楽しいですよね。
そんな一大イベントが失敗したら嫌ですよね。

 

まずは、外壁塗装でよくある色選びの失敗例を3つご紹介いたします。

 

①想像していた色と違う

一番多い失敗例は「想像していた色と違う」というものです。

 

ご自身でカタログや色見本を見て、そこから気にいった色を選んだはずなのに

仕上がりが思ってたよりも濃かった、選んだのはこんな色じゃない、などといった失敗がよくあります。

 

②汚れがとても目立つ

イメージと違うの次に多い失敗が「汚れが目立つ色」です。

 

カタログや色見本を見て、自分の気に入った色を選んだはいいものの、

工事が終わりしばらくすると、太陽や雨風の影響からとても汚れが目立つ、みたいなことも多々あります。

 

③玄関や屋根の色と合わない
こちらは外壁の色はとても気に入っているが、

実際工事が終わった後見てみると、玄関の扉や屋根の色と全然合わないという失敗です。

 

どうして、このような失敗が起こるのでしょうか?

 

職人さんの技術が足りないのでしょうか?

 

いいえそんなことはありません。

 

それは、ズバリ!「色選び」に問題があるのです。
次の章で、色選びに失敗しないためのポイントをいくつかご紹介します。

 

2.【外壁塗装専門店が教える】外壁塗装の色選びを失敗しないための4つのポイント

①色褪せや汚れなどの劣化を考慮して色を選ぶ

先の章でも書いたように、何十年に一度の外壁の色を塗り替えたのに、

月日が経つにつれて、徐々に汚れや色褪せなどの劣化が現れ

色選びの段階では知らなかった劣化によって後悔する人も少なくありません。

 

そうした事態を避けるためには、しっかりと色選びの段階で色褪せや汚れなどの劣化を考慮しておくことが大切です。

その中でも汚れが目立つ色、目立ちにくい色をお教えします。

 

まず、汚れが目立つ色は「」や「」などの色です。

白色だと汚れが目立つのはなんとなくわかる方もいると思います。

 

ただ、じつは黒色も汚れが目立ちやすい色となっています。

これは単に汚れの中でも白色の汚れなど、黒色に付着すれば目立つ汚れがあるからです。

 

反対に目立たない色というのは「グレー」や「ベージュ」などの色です。

これらの色は砂や土の色と同化しやすいため、汚れなどの劣化が目立ちにくい色となっています。

 

つまり、白や黒、赤などの鮮明な色は目立ちやすく、グレーやベージュなどの落ち着いた色は目立ちにくいのです。

ぜひ外壁の色を選ぶ際には、こういった劣化も加味して劣化が目立ちたくないのであれば、
グレーやベージュなどの落ち着いた色を選ぶといいと思います。

②色見本は大きいものを使う

色を選ぶ際には、たいていの会社が色見本を使うと思います。ここで気を付けなければいけないポイントがあります。

 

そのポイントというのが「面積効果」です。

 

面積効果とは、面積が小さいものと大きいものでは色の見え方が異なる現象のことです。
色選びの際に小さい色見本で見ていた色と、実際の完工時の仕上がりの色は大きく異なって見えるでしょう。

 

そのため、色見本を使うときはなるべく大きい色見本を使うことをおすすめします。

 

また、色は太陽の光にあたったときにもかなり違う色になります。

なので、色見本を太陽の光にあててみて、実際の仕上がりの色がどのようなものかイメージするのがよいでしょう。

 

③まわりの景観も考慮する

自分の家のことなのに、他人の家に影響されなきゃいけないの?と思う方も多いと思います。

 

しかし、その町、地区の外壁の雰囲気を考慮することは大切です。

 

仮に、ご近所さんと異なるとても派手な色にしてしまったりすれば、
その家が浮いてしまいますし、ご近所さんから反感を買う可能性もなくはありません。

 

必ずしも、ご近所さんの外壁の色と同じ色にしなければいけない!
などということはありませんが、同系色にしておいた方が無難でしょう。

 

また、一部の自治体では、景観形成のガイドラインが出されていることもありますので、
そういったガイドラインを確認してみるのもいいでしょう。

 

④必ずカラーシミュレーションを行う

技術の進歩により、近年ではコンピューター上でカラーシミュレーションを行うことができるようになりました。

カラーシミュレーションとは、コンピュータ上で

自分の家に好きな色を何度でも試し塗りすることが可能な便利なソフトとなっています。

 

このカラーシミュレーションを用いれば、実際の工事の完工時の色をコンピューター上で確認することができます。

 

ただ、あくまでもコンピューター上の画像であるため、

機器によってバラツキはありますし見え方も異なってきます。

あくまでも画像であることを念頭に置いて、参考の一部にして、色選びをするといいでしょう。

 

3.まとめ

いかがだったでしょうか?

 

外壁塗装は何十年に一回の大きいイベントです。
そんな一大イベントを成功させる、納得いくものにするためにも、

ぜひ上記でご紹介した方法で、色選びをしていただければなと思います。

 

私たち、塗り替えステーションでは、専門の職人たちが対応させていただきます。
お悩みの際はお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-117-600受付時間 10:00~17:00(不定休)

北九州市、苅田町の外壁塗装&屋根工事なら、

北九州市の唯一の1級塗装技能士10名在籍の塗り替えステーション|㈱志水にお任せください!

北九州市の施工事例はこちら

北九州市で創業61年、累計施工実績13,000件!2020年7月からHPで施工事例を公開中!

お得な塗装メニューはこちら

塗装の適正相場、どんな塗料があるのかについて知りたい方はこちら!

職人・スタッフ紹介はこちら

社長、塗装アドバイザーから職人までに、1級塗装技能士、1級建築士、外装診断士などの資格者は多数在籍!だからいつも高品質の塗装工事を提供できます!

お得なキャンペーン情報はこちら

実施中のお得なキャンペーン情報をチェックしたい方はこちら!

無料見積り・無料診断の依頼はこちら