塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁・屋根が劣化する原因とは??

塗装の豆知識 2021.12.26 (Sun) 更新

北九州市の皆様

こんにちは!

北九州市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修専門店【塗り替えステーション】|㈱志水です^^

北九州市の唯一の1級塗装技能士10名在籍の外壁塗装&屋根塗装専門店だから、高品質の塗装工事を提供できます!

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます!

本日のブログ内容は、「なぜ外壁・屋根が劣化するのか」といった皆様に知っておいてほしいテーマとなっています。

①外壁が劣化する要因

・太陽光による紫外線や熱による劣化の進行

太陽光による紫外線や熱を受けることによって、外壁に形成されている塗膜の分解が行われ、劣化が進んでしまいます。特に南面については日の当たるため、北面と比較して劣化が早い状況となっています。そのため、北面を見るだけでなく、南面も見ていく必要があります。劣化の前兆として、外壁には、よくチョーキングと呼ばれる現象が発生してきます。

・雨や風などによる劣化の進行

こちらは、雨や風などによる劣化の進行ですが、外壁は常にこういったものにさらされています。また、金属トタンの外壁については、豪雨時に錆が発生してしまう事がありますので、注意が必要です。

・経年劣化による劣化の進行

建物だけに関わらず、モノには「耐用年数」と呼ばれるものが存在します。これらは、時間がたつごとに劣化は進んでいくため、定期的なメンテナンスが必要です。これは、下で紹介する屋根も同様になります。

 

②屋根が劣化する要因

・カビや藻が発生することによる劣化の進行

まず、カビなどは、湿気がある暗い場所を好みます。そのため、南側ではなく日当たりの悪い北側に発生することが多いです。しかし、南免などの日当たりが他と比べて良い場所でも、水が溜まっていると、カビには要注意です。

・瓦のズレによる劣化の進行

これは、屋根の形状により、注意の必要の有無が変わってくるのですが、瓦屋根の場合に瓦がずれていると、そこから雨水が浸水してしまう恐れがあるのです。厄介なことに、このズレも漆喰の劣化により発生するため、瓦屋根の方は注意が必要です。

・自然災害

こちらは、台風や地震などの自然災害にて劣化状態が一気に悪くなってしまう可能性があります。台風の後には、一度診断を依頼することが建物を長持ちさせるコツになります。

 


お問い合わせはこちら↓↓↓

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-117-600受付時間 10:00~17:00(不定休)

 

 

北九州市の外壁塗装&屋根工事なら、

北九州市の唯一の1級塗装技能士10名在籍の塗り替えステーション|㈱志水にお任せください!

北九州市の施工事例はこちら

北九州市で創業61年、累計施工実績13,000件!2020年7月からHPで施工事例を公開中!

お得な塗装メニューはこちら

塗装の適正相場、どんな塗料があるのかについて知りたい方はこちら!

職人・スタッフ紹介はこちら

社長、塗装アドバイザーから職人までに、1級塗装技能士、1級建築士、外装診断士などの資格者は多数在籍!だからいつも高品質の塗装工事を提供できます!

お得なキャンペーン情報はこちら

実施中のお得なキャンペーン情報をチェックしたい方はこちら!

無料見積り・無料診断の依頼はこちら